Welcome!

高知大学・生物多様性管理学研究室(物部キャンパス)では、自然界の多様性が保たれているメカニズム、そしてその多様性の波及効果について調べています。ここでいう多様性とは、生物群集における種類の数だけではなく、それぞれの種類の中にある個体ごとの違い(遺伝多型・可塑性・個性)も含まれます。主に昆虫を対象にした生態・進化・群集の研究を一緒に進める大学生・大学院生・ポスドクを広く募集しています。現在は基礎的な進化生態学から応用昆虫学まで、以下のテーマに取り組んでいます。興味のある方はお気軽にご連絡ください(鈴木紀之 nsuzuki [at] kochi-u.ac.jp)

繁殖干渉によるニッチ分割と形質置換(本州、沖縄)
テントウムシ類の行動・生態・自然史の解明
海洋島における外来節足動物の群集生態学的解析(ハワイ)
細胞内共生細菌の感染と宿主昆虫の対抗適応、性比選択
環境条件による警告色と隠蔽色の切り替えに関する研究
集団内の多様性(遺伝多型)が集団全体に及ぼすメリットとデメリット
ジェネラリスト捕食者の生態解明と土着天敵としての応用
次世代型ハウス園芸における害虫のモニタリングと天敵利用


鈴木紀之 著 すごい進化

News

夢ナビ

夢ナビのサイトで研究を紹介して…